yamaha01

光ファイバー回線の普及によって、企業ネットワークは従来の専用線やADSLから光ファイバー回線を活用したネットワークへの置き換えが進んでいます。
とくに、インターネットVPN(注1)やエントリーVPN(注2)は、高速化とコスト削減を達成するとともに、セキュリティを兼ね備えたソリューションとして高い注目を集めています。

こうした中、2002年10月に発売した『RTX1000』は、多彩な機能と高い信頼性によって企業のインターネットVPN構築の黎明期から、標準的なルーターとして高い評価を得てきました。
また、その後継機種である『RTX1100』も、2005年2月の発売以来、最大100Mbpsの光ファイバー回線のパフォーマンスを活用するための標準的なルーターとして、多くのユーザーから高い評価を得ています。

今回の新製品『RTX1200』は、その『RTX1000』および『RTX1100』の多くの企業向け納入実績によって培った信頼性を継承しつつ、光ファイバー回線によるギガアクセス時代のインターネットVPNやエントリーVPNに求められる高速化と、利用者の利便性を向上させるための携帯電話網対応を行ったものです。『RTX1200』を企業ネットワークの拠点側に設置し、センター側に当社製品『RTX3000』、『RTX1500』および『RT250i』と組み合わせることで、高速で信頼性の高いネットワークを低コストで構築することができます。 なお、『RTX1100』は継続して販売を行います。

ヤマハから新しいルーターが発表されちゃいました。
これ、めちゃめちゃ欲しいや~ん!
今のRTX1100売り飛ばして買っちゃおうかなぁ、12万ってのはちょっと痛いけど。

ギガアクセス時代のインターネットVPN、携帯電話網対応機能を強化 ヤマハ ギガアクセスVPNルーター『RTX1200』