最近、当サーバー管理人の立場的に、もっと効率的にユーザー管理を行いたいと思っておりましたが、そろそろその計画を実行したいと思っています。

管理人がより楽に、さらにはユーザーがより便利に、簡単にサーバーを利用できるように行うシステム更改です。
これに伴い、今後はユーザーコントロールパネルでは以下のような事ができるようになる予定です。(予定は未定ですが^^; )

  1. ドメイン管理(独自ドメイン利用ユーザーのみ)
    独自ドメインのサブドメイン名やレコードを直接管理できるDNS編集機能。
  2. 複数のFTP、メールアカウント管理
    自分の所持する独自ドメイン、サブドメイン、DDNS名でのメールアドレスを複数作れる。
    また、作成したユーザーの機能をメールのみ、FTPとメールのみといった権限管理ができる。
    (メール領域はこれまでと違い、自分のHome以下であるため使用容量の計算に入ることになる)
  3. メールの転送、メール自動応答(期間対応)の設定ができる
  4. 自分のWebページのアクセス解析が見れる(Awstats6.8自作日本語版使用)
    かなり高機能なアクセス解析ツール
  5. MySQL、PostgreSQLのデータベースの作成、テーブル管理などができる。
    (PostgreSQLについては実装未定)
    データベースの作成や削除までできる点がこれまでとは違う。
  6. ディスクスペースの確認画面
    ユーザーが自分のディスク使用制限値や現在の使用量が確認できる。
  7. 通信帯域使用量確認画面
    Webアクセス、FTPアクセス、メールアクセスにおいて、ユーザーが自分の通信量をそれぞれグラフと数値で確認できる。また制限値まであといくら?といった確認もできる。また、制限値に近くなるとユーザーへ自動的にメールで通知可能。(確認ができるというだけの話で、余程の事がない限り通信量に制限を設けるつもりはありません)
  8. ウィルスメール、スパムメールの処理方法を設定できる
  9. Cronジョブの作成
    ユーザー権限の範囲でCron実行ジョブを管理できる。


※Webメールへのリンク、ファイルマネージャはどうするか考え中。

目新しい機能は以上くらいかな。

ただし、まだまだ検証段階なのでしばらくは実運用には至りません。

知人の家にハウジングしている仮想サーバで検証してますが、やっぱり近くに物理サーバーが欲しいわけで、もう一つHPのML115を買ってやろうか、はたまたML110か、DellのT105か迷っているところです^^;

実際に移行する際は、物理的にサーバーを移行するかもしれませんし、現在のサーバーをそのまま使うかもしれません。
どちらにしても、半日~1日の移行時間が必要になるので、その間サービスの停止を伴う事になってしまいます。

ご迷惑をおかけしますが、その際はまたこちらのサイトで通知を行いたいと思います。